スペインのクリスマス

Text: Keiko Higashi

クリスマスは、スペインの一年を締めくくる最大のクライマックス!

キリストの生誕を祝う12月25日から、レジェスの祝日である1月6日まで、簡単に言えば、日本のお正月が2週間に伸びたようなもので、年末年始の仕事や帰郷の慌ただしさ・盛り上がりも、日本より1週間程繰り上がります。

ただし旅行に出るケースは少なく、おおむね家にいて家族と過ごすのが一般的。そして他にもいくつか違いがあります。

12月24日のイブは家族で食卓を囲み、エビなどの魚介やステーキなどの豪華な夕食。クリスマスの一般的なイメージのチキンやターキーのローストはスペインでは食べません。食後はカバ (スペイン産シャンパン) と一緒にトゥロン、ポルボロンと言ったクリスマスならではのお菓子をいただきます。

トゥロン専門店

この日はケーキを食べたり、子供達にプレゼントをあげたりはしません。プレゼントは日を改め、東方の三博士がキリストの誕生を祝い贈り物を届けたと言われるレジェスの日 (1月6日) に贈ります。この日はロスコン・デ・レジェス (輪状のブリオッシュにクリームを挟んだもの) を食べます。これが、スペイン式クリスマスケーキですね。

ですが、現在では海外文化の影響で、スペインの風習も若干壊れ気味。

レジェスの日の三博士ではなく、12月25日にサンタクロースがプレゼントを届ける家も! 中にはサンタクロースと三博士両方からのプレゼントをねだる子供もいたりして、お父さんお母さんは大苦戦!

しかも、現在では子供だけでなく、家族全員がそれぞれ用意したプレゼントを交換する風習に移行してきて、これがもう大変!

もちろん、家族の為にプレゼントを選ぶ楽しさはありますが、貰うときは、なんか小さい物が色々集まって、要らないものや、好きじゃないものもあったりして、私なんかはお年玉のシステムの方が合理的だなと思えてしまいます。そういう人は少なくなく、最近では現金をあげるケースも増えつつあるようです。

デパート「コルテイングレス」のデコレーション。決まった時間に動きます。子供達は大喜び!

定番プレゼントは男女とも香水。だからこの時期は香水のCMがバンバン流れたり、新しい香水が出たりと業界は大賑わいです。

とにかく、スペインのクリスマスでは、飲み食い・プレゼント・帰郷・子供や親孝行レジャーと、楽しい反面、散財を免れないのです!

ちなみに、この時期にスペインへの旅行を考えている方は、12月23日から26日ぐらいまでは避けた方が良いでしょう。特に25日は街は静まり返り、開いていないお店が大半です。逆に、静けさを楽しみたい方はどうぞ! 教会もキリスト生誕の模型「ベレン」などが飾られ、素敵ですよ。

ベレンのパーツはデパートで売っているので、買ってお家でも作れます。

「スペインのクリスマス」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です