ラファエラ・カラスコ in ダンサMOS 2017

マドリードのコンデドゥケで行われるダンスの祭典「MOSダンス国際フェスティバル」も今回で3回目を迎え、9月28日から10月21日まで、世界選りすぐりのダンス公演が行われています。

そして本日は、現代フラメンコの代表の1人、ラファエラ・カラスコの『ナシダー・ソンブラ』公演を観てきました! ラファエラの相変わらずのスタイリッシュな演出と全力疾走の踊りが、大いに観客をわかせた夜でした。

Rafaela Carrasco
Rafaela & su cía

 

 

今回のフェスティバルでは、同じ場所でつい最近フラメンコの若手を集めたフェスティバルが行われたこともあり、フラメンコ公演はこれだけでしたが、本日11日はこの公演のほか、フラメンコとスペイン舞踊のドキュメンタリー映画も、ニ本上映されました。

ただ、私が観たかったスペイン国立バレエ団の現監督アントニオ・ナハーロのドキュメンタリーは8時半スタートで、見事にラファエラとかち合ってしまい、観れずじまい。でもどうして同じ時間にしちゃったんですかね! その辺はもう少し配慮が欲しいところでした。

次回はもっとフラメンコをやってくれると嬉しいなあ!

MOSフェスティバル

フラメンコ&スペイン情報!